交通事故対応

交通事故で負ったケガの治療に対応します

当院では交通事故によって負った外傷(むち打ち・捻挫・打撲など)の治療に対応しております。
事故被害者の場合、相手方(加害者)の自賠責保険・任意自動車保険の適用になり殆どの場合は通院・治療費の自己負担は発生しません。

1.交通事故に遭いケガを負った!
直ちに治療が必要なケガは病院を受診。そうでない場合はまず警察の事故処理に立ち会ってください。受診は後日でも保険適用になります。
2.診断書の発行・警察署へ提出
当院(もしくは病院)にて診断書を発行してもらい、管轄の警察署に提出して下さい。
3.保険会社へ治療する旨を連絡
保険会社へ「丹野接骨院」で治療する旨を連絡し、承諾を得ます。
4.治療開始 〜 通院
症状に合わせて治療を行い、痛みが取れて後遺症の心配がなくなれば治療を終了します。
日常生活における注意事項などもお伝えします。
5.治療終了!保険会社への連絡
症状が無くなり、後遺症の心配がないかを確認次第、治療を終了します。保険会社へ連絡すると明細入りの示談内容書が届きます。

【注意!交通事故に遭われたショックで冷静な判断が出来なくなっていませんか?】

交通事故に遭われた場合、その時はショックから痛みを感じなかったり、「この程度なら大丈夫です…」と安易な自己判断をし、検査も受けぬまま加害者と示談をしてしまい、あとから痛みが発生して「あの時、冷静に考えていれば治療費を請求できたのに!」と泣き寝入りせざるを得ないというケースも少なくありません。

全ての運転者は「自賠責保険」に加入しており、120万円までは(被害者一人につき)必ず保障されます。それ以上の金額が治療費・慰謝料・休業補償・交通費の合計で発生した場合も、ほとんのドライバーが「任意保険」に加入しているので、治療費の心配はありません。治療は当院でどうぞ。